中川卓爾 中川式腰痛治療法

中川卓爾の「中川式腰痛治療法」

「中川式腰痛治療法」の作者・中川卓爾氏

中川卓爾氏のご挨拶動画−音が出ます

 

 

 

鞍ケ池ヘルスケア院長 中川卓爾 氏

 

 中川卓爾氏のご経歴は、昭和35年東教大(現筑波大)運動医学部卒業後、高校体育教諭、阪神タイガーストレーニングコーチ・整形外科機械機能訓練室長、中京大学講師・元日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーを歴任され、現在鞍ケ池ヘルスケアを運営されています。

 

 独自の理論である中川式治療法を確立し、その普及に全国各地での講演活動を行い、その実績が高く評価されて、地方自治体・スポーツ指導協会・PTA、大手企業からの講演依頼を多数受けておられます。

 テレビ・雑誌などのメディアでも腰痛治療の第一人者として紹介され、著書も多数ありますのでご存じの方もいらっしゃることでしょう。

 

■中川式腰痛治療法の開発経緯

 

 中川卓爾氏が独自の「中川式腰痛治療法」を開発することになったキッカケは、腰痛で苦しむ人があまりにも多いことです。「自分で腰痛を治せる方法はないのだろうか」という課題をかかげて、中川卓爾氏は30年以上にわたり研究を続けてこられました。

 

 そんな腰痛解消の研究27年目のときに、ある「気づき」をキッカケに「中川式腰痛治療法」ができあがりました。実際に試していただいた患者さんたちが、数日後には次々に腰痛や脊柱管狭窄症、すべり症の痛みから解放されだしたのです。

 

 今まであちこちと整形外科や接骨院にかかったが改善しなかったという方、整体院、鍼灸、リンパマッサージ、カイロプラクティックなどにかかったが、3日以内に元に戻り痛みが再発したという方などの、腰の痛みを解消してきました。

 

 この中川式腰痛治療法は、「中川式ストレッチDVD」という動画解説とテキストで構成されており、自宅で1日15分程度DVDを見ながら実践するだけの簡単なものです。続けることによって痛みの再発を防ぐことも出来ます。

 

 

 

「中川式腰痛治療法」の特徴、効果、実践レビュー

 

 

 中川卓爾氏の説明によりますと、病院での腰痛治療は痛み止め注射を打つ、手術で神経を取るなど、あくまで一時的な治療であって、手術で腰痛が完全に治ったという人を見たことがないとまで言っています。

 

 病院での治療をもう少し説明しますと、診察を受けて痛み止めとして「薬」を処方されますが、腰痛患者に対する病院での定型的な診療パターンともいえる、「対症療法」を行っているだけで、腰痛の根本原因を治療しているわけではありません。

 

 しかも処方される「薬」には必ず副作用がありますので、長期間服用し続けることによる身体への悪影響を注意する必要が有ります。長期間の服用は危険なのです。

 

 民間療法でも同じことが言え、「鍼灸院」でのハリ治療を受ける方が多いと思いますが、痛みの「ツボ」を一時的に刺激し硬くなった筋肉やコリをほぐすことができても、時の経過と共に再発し、施術料も安くはありません。同じことは整体院、カイロプラクティックなどにもいうことができます。

 

 中川卓爾氏の開発した「中側式腰痛治療法」であれば、マニュアル購入費以外には手術や薬代など一切必要なく、「中川式ストレッチDVD」とテキストで構成されたマニュアルを、DVDを見ながら自宅で1日15分程度実践するだけですので、誰でも簡単に実践することができます。

 

 「中川式腰痛治療法」を実践した人たちは、この30年間で約50万人にのぼり、98.2%の人が改善効果を実感できたという実績があります。

 

 このページでは名前や画像を出しませんでしたが、中川卓爾氏が施術してきたプロのスポーツ選手にはゴルフ界、プロ野球界などの有名選手が多数いらっしゃいます。

 

 その他、一般の実践者たちの生の感想レビューが多数掲載されており、20代から80代までの老若男女が、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、座骨神経痛、分離症・すべり症、頚椎変形の痛みから解消できた喜びの報告をされています。

 

 

 

■マニュアルご購入後のサポート体制

 

 マニュアルご購入者に対する90日間無料の電話・メール相談や、紛失保証が付き、さらに、マニュアル購入後90日以内に30日間実践してみたにもかかわらず、効果が確認できなかった場合には全額返金保証を受けることができます。全額返金保証の詳しい内容や、その他の詳しい説明については販売ページをご覧ください。

 

 

 


  

  

  

中川式腰痛治療法

  

  

  

中川式腰痛治療法

  

  

ふたご座 (5/21〜6/21) 生まれの人に贈る今週のことわざ

  

−青は藍より出でて藍より青し−
解説:弟子が師匠より優れている意味で使われる
ホーム RSS購読